» 2015 » 10月のブログ記事

ウェディング05車検を受けようと思った時、まずすぐに頭に思い浮かぶのは整備工場かもしれませんが、どの整備工場でも同じというわけではありません。陸運局が行う車検を、陸運局の代わりに行うことができるのは、民間車検場と呼ばれる指定工場です。そういった整備工場で車検に必要なチェックをしてもらってOKになれば、陸運局に必要な書類を持っていけば、車検証を発行してもらうことができます。指定工場以外にも、認定工場というものがありますが、こちらは車検のチェックをすることができないので、車を整備してもらった後は、自分で陸運局に持って行き、車検を受ける必要があります。車検の依頼先を考えた場合、中古車を購入した場合は、その中古車の販売店、新車の場合はその新車のディーラー、他にも、近所にある整備工場やカー用品の販売店に併設されている整備工場などがあるかもしれませんが、特にどこも思い当たるところはなく知り合いの紹介も無い、という場合には、依頼したい工場を選ぶ際には、まずそこが指定工場かどうかをチェックする必要があるでしょう。費用に関しては、工場によって異なりますが、一般的には、ディーラーより整備工場の方が価格設定が低めなようです。

最近の投稿