» 2016 » 1月のブログ記事

新発田城で歴史を感じる!ドライブ情報

| 未分類 |

日本海東北自動車道をドライブ中に発田ICから降りて国道7号線経由で村上方面に約10分進むと、「新発田城」を見つけることができます。この城は別名「あやめ城」とも呼ばれ、初代の新発田藩主である溝口秀勝侯が慶長3年(1598年)にこの地に築城し、その後、3代宣直侯の時代にこの城は完成しました。この城の特徴としては、石垣に隙間がなく、またかみ合うように積まれているところです。このやり方は「切込接」と言い、美観を重視した技法です。またこの城は四季折々の風情があります。春季は桜を中心とした光景が見事で、冬季は雪ですっぽりかぶった様子が神秘的です。一方、城の表門の方に目をやると、そこには堀部安兵衛の像が立っています。赤穂義士の討ち入りで中心的な役割を果たした人物の像です。この像の顔は、いつも江戸を見つめています。城の中でも天守閣の代わりを果たしていたのが本丸の西端にあった三階櫓です。全国にもめずらしい「三匹の鯱」が並んでいます。なお表門と二ノ丸隅櫓は国の重要文化財に指定されています。平成18年4月6日には、この城が(財)日本城郭協会から「日本100名城」に認定されました。入場料は無料で、大手門を入ると観光協会の方がパンフレットを手渡ししてくれます。撮影のアドバイスとしては、「辰巳櫓」と「本丸表門」は午前中に撮影すると良いでしょう。「二の丸隅櫓」「三階櫓」は午後のほうが良いでしょう。

ドライブで弥彦公園の紅葉狩り体験

| 未分類 |

秋季のドライブには弥彦公園の紅葉狩りがおすすめです。弥彦公園には観月橋という真っ赤な橋があり、その周辺を、赤や黄色の紅葉が彩っている場所があります。この辺りのことを「もみじ谷」といい、秋季のシーズンにはとても美しい観光スポットになります。この紅葉の名所として知られている「もみじ谷」はJR弥彦駅から歩いて1分ほどの距離にあり、駐車場も2000台分が備えられているため、車で行くことも出来ます。駐車場は一部が有料となっており、駅前の有料駐車場が1日300円、ヤホール脇の臨時駐車場も1日300円となっています。また、弥彦公園から北東方向に少し行くと、奥胎内ヒュッテという綺麗な宿泊所があります。奥胎内ヒュッテは自然との一体感を大切にしている施設で、登山のベースとして使ったり、バードウォッチングやフィッシングに行く際にも重宝する綺麗な宿です。美味しい食事をテラスで取ることもでき、秋には山の大木の紅葉を間近に見ながらの食事も出来ます。奥胎内ヒュッテは1泊2食付きで7500円からとなっており、ハイシーズン料金は別料金です。弥彦公園に行った後で、奥胎内ヒュッテにも寄ってみるというドライブコースは紅葉の季節にはとてもいいかもしれません。

大源太キャ二オンは紅葉の名所として知られており、大源太山は東洋のマッターホルンと呼ばれています。当山が擁する大源太湖は、国内最古のアーチ式ダムによって堰き止められできた湖で、夏にはカヤック体験などが行われています。湖の周りは1時間ほどで回ることができ、紅葉の季節は色とりどりの木の葉が湖面に映り、感動的な景色となります。夏季も新緑の木陰の中を散策できるので、快適なトレッキングコースになります。5月から10月にかけてはキャンプ場がオープンし、土産物屋もあるので、観光客や家族連れなどで賑わいます。当地では笹だんごを作る体験もできたりするので、おススメのドライブポイントと言えます。
当地と並んで紅葉の名所になっているのが、ドラゴンドラ・田代ロープウェーです。苗場スキー場と田代エリアのかぐらスキー場を結んでおり、眼下に雄大な自然を観ることができます。山頂駅は標高1,413メートルあり、山々を彩る広大な紅葉を堪能できます。同じく紅葉の名所として、湯沢高原ロープウェー・アルプの里が挙げられます。山頂にはゴーカート等のアクティビティや足湯があり、大人も子供も楽しめます。イタリア料理のレストランがあるので、紅葉の山々を観ながら秋の味覚を満喫できます。アクティビティにはサマーボブスレーもあり、人気になっています。

新潟のドライブスポットの中に組み込んでおきたいのがフルーツランド白根グレープガーデンです。スーパーなどで売っている果物とは違ってもぎたての新鮮なものをたくさん食べることができますから、カップルでのドライブデートの場合でも、休日に家族そろって遠出するのにもうってつけです。
フルーツランドは春夏秋冬の季節それぞれの果物の味を楽しめますから、どのシーズンに行ってもその時の旬果があります。春季の場合なら、ちょうどガーデン内ではいちごとキウイフルーツの時期です。キウイフルーツの方は、有機栽培で作られたものが直売されています。安全で甘くておいしいキウイが食べたい人におすすめです。
いちごも春季のフルーツランドの目玉となっている果物です。一月から六月まで期間が長いものの、ガーデンでいちご狩りをするなら暖かくて外で過ごしやすい時期が向いていますよ。いちご狩りだけではなく、フルーツランドオリジナルのジャムなども販売されていますからおみやげにもぴったりです。
ガーデン内には、作り立てのジェラートを食べられるコーナーもあります。新鮮な果物を作った冷たいジェラートで喉の渇きをいやすことができます。美味しいので食べておきたいですね。

ドライブ経路のツウな決め方

| 未分類 |

新潟県は縦に長い県で地域ごとに見どころのスポットがあります。新潟県をドライブで旅行することを計画しており、どういった経路を考えるのがベストかというと、高速道路を使って目的地までいち早く行き、また高速道路を使って帰ってくるということになります。しかし、もっと楽しめる決め方があるのです。お勧めは高速道路を使わないことです。目的地まで時間がかかってしまうということになりそうですが、時間がかかるのを楽しむのがツウなのです。新潟県は見どころがあるスポットが点在しているので、下道を使うことが点在しているスポットを楽しむコツなのです。あと、カーナビで目的地設定をしないこともツウの人がすることです。なぜならば、目的地設定をしてしまうと、決められた道を走ることになり、途中どこかに立ち寄りづらくなるからです。目的地設定をしないことで、立寄りたいところが立寄り、気まぐれで道を変えたっていいのです。これくらい自由な旅のスタイルにできるのが、ドライブ旅行の良いところなのです。計画を事前に立てることは重要なのですが、決めるのは宿泊地だけにして、あとは流れで決めるといった、旅のスタイルは今までにない旅の楽しみを味わうことができるでしょう。

R290とちおでおすすめお土産ゲット!

| 未分類 |

道の駅「R290とちお」は、長岡の市街地から東に延びる国道351号と、三条の市街地から南下する国道290号が、ちょうど交わる位置にあり、ドライブで立ち寄るにも絶好のポイントです。この栃尾地区というのは、中世の山城である栃尾城があることで知られています。栃尾城は、上杉謙信が幼年期から青年期までを過ごした城で、家中が分裂しかかっていたときに、上杉謙信はここで旗揚げをして、初陣を勝利で飾ったといいます。こうした歴史をもつ栃尾地区にある「R290とちお」は、地元の名物を数多く取り扱っており、地酒やコシヒカリ、てまりなどの工芸品は、観光物産コーナーでゲットすることができます。また、奥にはレストランやちょっとしたフードコートもあり、なかでもおすすめなのが、栃尾あぶらげとよばれる、巨大な油揚げです。そのままファストフード感覚で食べても、お土産品として持ち帰ってもよく、さらにレストランにはアレンジレシピでおしいく仕上げた料理もあります。揚げたては食感が格別で、普通の油揚げとは違ったボリュームもあります。また、長岡市栃尾産業交流センターも併設されていますので、道の駅をふらっと訪れた際にも、ほかの興味深いイベントなどが開催されていることもあります。

023410親不知は、北陸道を往く旅人たちにとっての最大の難所とされ、荒々しい波が打ち付ける日本海に沿った断崖絶壁のすき間に、わずかに道路が通っているようなところです。その親不知には、こんにちでは全国初の海上インターチェンジとして北陸自動車道の親不知インターチェンジがあり、高速道路の下には親不知漁港が開かれています。「親不知ピアパーク」は、インターチェンジと漁港の至近距離、国道8号沿いにオープンした道の駅で、場所柄からか、観光客も多く訪れるところとなっています。道の駅に入ると、巨大なウミガメの「ミリオン」の像に出迎えられ、新鮮な魚介類を格安でゲットできるおさかなセンター、タラやもずくなどを主体とした海鮮料理が自慢のレストランがあり、ドライブの合間のランチには最適です。また、糸魚川は勾玉などに代表される縄文時代のヒスイ文化の発祥の地とされ、川沿いには天然ヒスイの原産地もあります。その糸魚川が流れこむ先は、親不知海岸のある日本海ですので、海岸を歩いて流れついたヒスイを探してみるというのも、北陸の女子旅の楽しみのひとつです。「親不知ピアパーク」には、世界最大の102トンという重さをもつヒスイ原石が展示されている、ふるさと館という建物もあります。

ドライブで新潟ふるさと村を訪ねたら…

| 未分類 |

019807新潟県の主要な幹線道路である国道8号線をドライブしていると道の駅「新潟ふるさと村」を見つけることができます。この道の駅では、新潟県内の見どころを200インチ大型スクリーンの「ふるさとシアター」で紹介したり、観光情報をパソコンで検索できる「アピール館」、大型レストランとともに新潟の特産品が集結する「バザール館」、原料と技術にこだわった「地ビール館」などがあります。アピール館やバザール館では毎月イベントが開催されるほか、降雪体験コーナーや新潟酒試飲コーナーといった常設コーナーも設けられています。さらにアピール館では、「ふるさと新潟と暮らしの変遷」をテーマに、明治から昭和への移り変わりを体感することができます。特に大正時代の街並みを再現したり、昭和時代の暮らしの移り変わりなどを紹介した3D映像は必見です。道の駅「新潟ふるさと村」では、また毎年テーマを変えて、なおかつオリジナルデザインにこだわった「チューリップアートガーデン」を展示しています。2015年の道の駅「新潟ふるさと村」の花畑のテーマは「田園」です。チューリップとビオラ、ムスカリによる構成で、使われている品種の数は29種、5万本のチューリップが出迎えてくれます。

能生ドライブをファミリーで楽しむ

| 未分類 |

006241国道8号線を、上越市から糸魚川市方面へ。一面に広がる日本海を右手に、春夏の行楽シーズンはもちろん、海の幸がおいしい秋冬のドライブにもうれしい、道の駅能生をご紹介します。
道の駅能生は豊富な海産物が水揚げされる能生漁港に隣接しており、日本一のベニズワイガニの直売所があります。道の駅周辺にも点々と直売所が並び、安いものでは500円から、とれたての新鮮なベニズワイガニを味わうことができます。道の駅敷地内には日本海を臨む公園もあり、海を眺めながらカニを楽しむ人々や、柔らかな芝の上を駆けまわる子どもの姿で賑わいます。遊具や銅像もあり、ドライバーのお父さんはカニで休憩、子どもたちは思いっきり身体を動かすことができ、ファミリーにもおすすめの休憩スポットです。
また、かつて地域の県立海洋高等学校の実習船として実際に海で活躍した「越山丸」が停泊しており、乗船することが可能です。船内は海の資料館となっており、海洋高等学校の歩みや日本海の姿を始め、貴重なクジラの一部の現物標本や古船の模型の展示など、ご家族で楽しめること間違いなしのボリュームとなっています。
公園やレストランは海に向かっているため、夕方には日本海に沈む夕日を眺めることもできます。日が落ち、一日を終える感動を家族で一緒に味わうのは、貴重な体験になるでしょう。

000829新潟県は北東から南西に長く伸びる県です。全国で5番目に面積の広い県で、長い海岸線を有しています。新潟県をドライブするなら、まずはこの海岸線を外せません。越後七浦シーサイドラインから望む日本海の眺望は、きれいな海の水に映る青空のかなたに佐渡島が浮かびます。途中から弥彦山スカイラインにハンドルを切れば、弥彦山頂上から望む日本海と、反対側には越後平野が広がります。また新潟以北の村上市には笹川流れという海岸線があり、国の名勝天然記念物に認定されています。入り組んだ海岸線の岩の間に波が押し寄せ、コバルトブルーの海とのコントラストが美しい海岸です。また富山県境に近い親不知は海岸線まで山がせり出し、その昔は子の命をかえりみる余裕がないほど狭い海岸線を通らなければならなかった史実からついた地名ですが、現在は海の上を北陸自動車道が走り、迫りくる山を避けて日本海上を往来する不思議な状況に圧倒されます。いずれの場所からも、日本海に沈む夕日はドライブの手を休めて眺めたいものです。これだけ海に面していますので、海の幸は豊富です。寺泊や能生の道の駅やお魚市場は是非とも寄りたいスポットです。日本海の海の幸を堪能しましょう。佐渡島へは新潟港、寺泊港、直江津港からアクセスできます。佐渡島一周ドライブもおすすめです。

最近の投稿