» 2016 » 2月のブログ記事

チェックイン(返却)時の注意点

| 未分類 |

海外でレンタカーを借りる際は、どの場所で借りるか、最後にどこで返却したいのか、などがレンタカーの会社を決める時にとても重要になってきます。海外で予約していくより日本で予約を済ませていくのが良いでしょう。日本の代理店のように、色々なレンタカーのプランがあるので、自分の旅行に合わせたものを選ぶことが可能です。チェックアウトの際は、手続きが終わるとキーを渡されます。この時になるべく最初の目的地までの行き方を聞いておくと、迷うことなくスムーズに旅行が始められます。出発する前は、運転操作や車に何か不具合がないかを確認しておくことが大切です。チェックインの際に注意すべきところは、基本的にレンタカーを返す時はガソリンを満タンにして帰らなくてはいけないところが多いです。返却の時にガソリンが少ないと、オプションとして高額なガソリン代を請求される場合があります。最初から返却の際にガソリンをレンタカーの会社から購入する場合は、逆に空っぽにしておく方が損をしません。このように海外でレンタカーを利用する時は、気を付けなければ高額な請求をされる場合も少なくはないので、事前に何を気を付けておくべきか調べておくと良いでしょう。

チェックアウト(借り出し)時の注意点

| 未分類 |

海外旅行の際に、車での移動を想定して現地のレンタカーを利用するという方も少なくありません。
この時、国内から現地レンタカー会社に利用予約をしておけば、現地に到着をしてからチェックアウト(借り出し)までの手間を省くことが出来るのでオススメです。
現地に到着したら、まずしなければいけないのがカウンターでの手続きです。
利用するレンタカー会社によって、若干の違いはありますが、手続き終了後はキーを受け取って、指定された駐車番号の車に向かうこととなります。
この時、注意しておきたいのが、駐車場の位置の確認です。
カウンターオフィスと駐車場が離れていたり、駐車場までシャトルバスに乗って向かうようなケースもあるので確認を怠らないようにしましょう。
また車に乗ってからハイウェイに出るのであれば、ハイウェイの入り口までの行き方も教えてもらっておくとよいでしょう。
駐車場についたら指定された番号から利用する車を探しだすことです。
出発準備が整えられた車が用意されていますが、出発前にはきちんと一度駐車場の中をゆっくり走って操作感覚や車の状態を確認するようにしましょう。
特に問題がなければ、そのまま駐車場を出て利用開始となります。

海外レンタカー利用の流れ

| 未分類 |

電話やインターネットを利用した海外レンタカーへの予約は、余裕を持って行動していく点が重要です。また店舗で言葉のやり取りをするのが厳しいという場合には、申込書を印刷して持ち込むなど自分なりに工夫をしていくことが大事になります。また必要書類にサインをするという部分が日本と多少違っていくため、納得ができる段階でサインをしていくという部分も重要なのです。ドライバーの免許証や指定の料金を真剣に見ていくことにより、前向きな指針も出ていくようになります。
その一方で現地のスタッフに操作方法を教えてもらうことも、海外レンタカーでは必要になるのです。自動車を運転する際には、車線や道路事情など特徴をしっかり理解していくことが大切です。常に余裕を持った行動を心がけることで、すべての工程をスムーズに進行させる可能性も増えていきます。
それから現地で事故が起こった際にも海外レンタカーの業者へ即座に問い合わせをして指示を待つことが重要であり、請求の詳細や事故処理についての内容をひとつひとつ遂行させることで、解決の糸口も見えてくるのです。返却の際にはいろいろな内容が確認されるため、活用する際には今一度詳細を知ることが重要です。

レンタカー会社現地営業所での注意点

| 未分類 |

海外旅行に行く際、現地のレンタカー会社でレンタカーを借りる人も多いことでしょう。しかし、慣れない海外で車を借りるのは何かと不安が多いと思います。現地の営業所でも困らないよう、旅行にいく前にレンタカーの利用方法を学んでおきましょう。まず、海外でレンタカーを借りる際は、年齢が21歳以上である必要があります。細かい条件は国によって異なるため、不安がある場合はあらかじめレンタカー会社に相談することをおすすめします。日本に支店があるレンタカー会社は、日本語で対応してもらえるところが多いため、言葉に不安がある人は日本語対応のレンタカー会社を選ぶと良いでしょう。また、海外でレンタカーを借りることを「チェックアウト」、返却することを「チェックイン」と言います。チェックアウトの際は、日本でレンタカーを借りる時と同様、ドライバーの申請、保険契約、返却方法についての手続きを行います。日本に支店を置くレンタカー会社は、日本で手続きを済ませることが出来るため、現地でスムーズにレンタカーを借りられます。チェックインの際は、係の人が走行距離や返却時間、車両の状況などを確かめます。ガソリンを満タンにして返す必要があるときは、必ず満タンにして返却しましょう。

レンタカーの付帯保険って何?

| 未分類 |

レンタカーの付帯保険というのは、レンタカーを借りてドライブをするにあたって、実はその基本料金のなかに費用として組み込まれている自動車保険のことをいいます。そのため、レンタカーを借りるにあたり、本人が事前に特別な自動車保険の契約をする必要はないのですが、場合によってはオプションでいざというときの保険金の支払額が増額されるような追加料金の制度があることもあります。補償内容そのものはレンタカー会社がどのようなタイプの付帯保険を契約しているかによって異なるのですが、対人賠償責任保険や対物賠償責任保険といった、自動車事故をおこして他人を死傷させる人身上の損害を与えた場合、または物品を壊してしまった場合などに必要となる損害賠償はフォローできる基本的な自動車保険はセットされています。そのため、仮にドライブをしている最中に、なんらかのトラブルが発生してしまった場合には、負傷者があれば現場での応急処置や救急車での搬送を行うということはもちろんですが、ひととおりのことが終わったら、あわてずにレンタカー会社に連絡を入れて、その内容や被害状況などを正確に伝えて、指示をまつことがたいせつです。レンタカー会社では、さらに付帯保険を取り扱う会社に連絡して、その後の保険金の支払いなどの手続きを進めてくれます。

日本での予約がおすすめな理由

| 未分類 |

海外旅行に行く際、旅行先で車を運転しようと考えている人は、事前にレンタカーの予約を済ませておくのがおすすめです。ハワイやグアムなど、日本人に人気の高い観光地には日本に支店があるレンタカー営業所があります。しかし、あらかじめレンタカーを予約しておいた方が現地でスムーズに車を借りられるため、観光に使える時間を増やすことが出来ます。レンタカー代も日本円で支払えるため、事前に予約を済ませておいたほうが圧倒的にお得です。レンタカー予約の方法は様々ですが、最も気軽なのはインターネットから申し込む方法です。運転しやすいコンパクトカーから、室内が広いミニバン、パワフルなSUV車まで、多種多様な車を借りることが出来るため、旅行の計画と並行して借りる車を事前に決めるのがおすすめです。なお、海外でレンタカーを借りる時は、事前に「国際免許証」を発行しておかなければなりません。国際免許証は、最寄りの運転免許試験場か警察署で発行出来ます。また、海外の交通ルールは日本と異なる点があるため、運転時は十分注意しましょう。海外の交通ルールを知らないまま運転してしまうと、思わぬ事故を引き起こす可能性が高くなるため、あらかじめ自分の行く国の交通ルールを勉強しておくことをおすすめします。犬11

レンタカー会社はどうやった選ぶ?

| 未分類 |

海外旅行でレンタカー会社を選ぶ場合には大切なポイントがいくつかあります。まずは予行先で迷わないためにも旅行の申し込みの段階でレンタカーとセットになっているようなツアーなどを選んでいくと非常に楽です。この場合は旅行会社と提携しているレンタカー会社がセットになってくるので旅行先で手続きをする必要がありません。海外旅行に慣れていない場合や語学力など、いろいろな面で不安がある場合は非常にいい方法です。また出来るだけ借りることや返却が楽な会社がいいです。この会社の選び方は海外旅行では非常に重要です。値段だけで選んで返却場所が意外と不便な場所であったりした場合に非常に困ることが想定されます。どこで借りることが出来て返却場所はどこにあるのか、きちんと確認してレンタカー会社を選んでいくことがとても重要になってきます。重要なのは旅行プランに沿って借りることが重用であるということです。次の移動先がどこでそこで返却したり借りたりすることが、便利であるかどうかということを考えながら選んでいけば失敗する確率が減ります。また保険のこともしっかり調べておく必要があります。日本で旅行代理店などを利用して申し込む場合は心配ありませんが、個人で借りる場合はしっかり確認することが大事です。犬10

海外で必要?国際免許証の取り方

| 未分類 |

日本で運転免許を取得した人が海外で車を運転する時は、事前に「国際免許証」を発行する必要があります。国際免許証は、日本が加盟しているジュネーブ条約に基づき、各都道府県の公安委員会が発行している免許証です。国際免許証は発行から1年間有効で、この免許証を所持していればアジアやアメリカ、ヨーロッパなど、ジュネーブ条約に加盟している国々で車を運転することが出来ます。ただし、日本の運転免許証の有効期限が1年未満の場合は、事前に免許を更新しておかなければなりません。さて、国際免許証の取り方はそこまで複雑ではなく、自分の住んでいる都道府県を管轄する運転免許試験場、あるいは警察署の運転免許課に行き、所定の手続きを行うことで発行されます。申請の際は、日本の運転免許証、書類用の証明写真、パスポートを持参しましょう。有効期限の切れた国際免許証を持っている場合は、それもあわせて持っていきましょう。申請の際は手数料がかかりますが、その額は都道府県によって異なります。東京の運転免許試験場、あるいは警察署で申請する場合は、手数料は一律2,400円です。無事に国際免許を取得したら、海外の交通ルールを守り、安全運転を心がけましょう。犬09

海外レンタカーを利用するためには

| 未分類 |

海外レンタカーを運転するためには、一般的には国際運転免許証の取得が必要になります。地域の運転免許試験場で簡単に発行してもらえます。
しかし、日本人観光客が多い地域などは、日本の運転免許証を現地に持参するだけで英訳されるため、現地の法律に従うことになります。そのため、すべての国で国際運転免許証を提示しなければならないというわけではありません。
また、海外レンタカーを海外で予約する場合には、言語の問題もあるため、日本には多くの海外レンタカーの代理店があります。インターネットサイトでも日本語で予約をすることができるため、そういったサイトを活用することが1番簡単な方法となります。
また、現地で海外レンタカーを借りる際には、ほとんどの場合空港の近くにも支店があり便利です。そこで追加の保険や乗り捨ての条件など契約を交わした後、駐車場に車をとりに行くことになります。決済方法はクレジットカードとなるため、必ず国際ブランドのついたものを持参することをお勧めします。デビッドカードは使えないこともありますから確認が必要です。日本で自動車の組合に加入している方は、海外レンタカー利用時でもロードサービスや各種割引サービスを受けることができる場合もあります。犬08

日本で旅行時などにレンタカーを使用する、という方は案外多いのではないでしょうか。
必要な時に手続きさえすれば誰でも簡単に借りることができるので、自分の車がない方にとっても便利です。
海外旅行の際にもレンタカーを借りることができれば嬉しいものですが、手続き方法がわからないという声も聞きます。
まず事前に行き先をチェックの上で、運転することに必要なものを揃えることが大切です。
レンタカー会社や法律によって免許証、国際免許証などと持参すべきものが違ってくるので、きっちりと調べておく必要があります。
また、現地で突然レンタカー会社を探すとしたら言葉が通じなければ難しいため、できれば日本で調べて予約を入れておいた方がよいでしょう。
その国の言語を話すのに自信がなければ、日本語で受付をしてくれる業者を探した方が確実です。
何かトラブルがあった際にも日本語でなら状況を説明することもできますので、このことも頭に入れておきましょう。
このようにして借りたレンタカーを利用して、快適な旅行を楽しんでみてはいかがでしょうか。
徒歩やバス、電車などでは味わえないような、マイペースな旅を楽しむことができるのが最大のメリットなのです。犬07

最近の投稿