» 2016 » 3月のブログ記事

環境対策車割引とは

| 未分類 |

自動車保険の保険料には、さまざまな割引制度が設けられていますので、こうしたものを上手に活用することが、保険料をリーズナブルな水準に抑えるためのポイントとなってきます。そのような割引のひとつで、最近売りだされた自動車に該当しやすいものとして、環境対策車割引とよばれるものがあります。環境対策車割引の対象となるのは、損害保険会社によって若干異なることもありますが、基本的には低公害車、低燃費車、低排出ガス車などといった、いわゆるエコカーに該当するというのが条件になります。低公害車というのは、ガソリンと電気の運転を切り替えるハイブリッド車、電気を動力としている電気自動車などのことをいい、かつてはめずらしいものでしたが、現在では家庭にも普及しているところです。低燃費車は、省エネ法とよばれる法律の規定によって、国があらかじめ示している燃費基準を達成した自動車のことをいいます。低排出ガス車は、同じく国が示した排出ガス基準に適合していることを認定された自動車のことをいいます。低燃費車は緑色の地球を模したステッカーを、低排出ガス車は青地に黄色の星がいくつか並んでいるデザインのステッカーを、それぞれリアウィンドウなどに掲示していることからわかります。

早期契約割引とは

| 未分類 |

早期契約割引とはインターネット割引や、ゴールド免許割引、エコカー割引といった主にダイレクト型自動車保険の保険料の割引制度の一つです。その内容は、保険開始日よりも一定期間以上前に申し込み、保険料支払いをすることで保険料が割引になり、継続契約でも、保険満期日から45日以上前までに更新をすれば支払い保険料割引になるサービスです。その割引率は会社よって異なりますが、一般的には3パーセントから5パーセントほどの割引が受けられます。余裕をもって更新を行えば、満期日が過ぎてしまっていたり、保険内容の変更などを忘れず安心で確実です。自動車保険は更新が遅れたり、満期が過ぎてしまうと再び保険に入り直したり、別途申し込みを行ったりと面倒な手続きを行わなくてはなりません。そうなると割引があまり適用させず、保険料の金額も高くなってしまします。そうなる前に早期契約割引で更新をすれば、更新を忘れてしまう事もなく、料金が割安になるので大変お得です。早期契約割引は他の割引と合わせる事が出来る場合が多いので、より保険料の節約を行う事が出来ます。また、保険会社によっては、早期契約割引を設けていないところもあるのでよく調べる事が必要です。

長期優良契約割引とは

| 未分類 |

自動車保険には多くの契約割引が存在します。ノンフリート等級が上がるごとに保険料が安くなるのもその一つで、保険を使う事故を起こさない年数が多いほどノンフリート等級は上がって行き、その割引率は高くなります。ノンフリート等級は20等級が一番割引率が高いのですが、それより上の割引はないのでしょうか。
自動車保険会社の多くでは、長期間保険を使う事故を起こしていない優良契約者に対し長期優良契約割引というものがあります。保険会社によって細かな規約や対応する契約者は違いますが、多くはノンフリート等級が今回の契約時と前回の契約時のどちらもが20等級で、前年度の契約期間中に事故を起こしていないことが条件となります。そのため、20等級になってすぐに長期優良契約割引が使えるわけではありません。20等級になって1年間保険を使う事故を起こしていないことが必要になってくるため、長期優良契約割引を使えるのは20等級の人のみとなります。割引率も保険会社によって違い、1.5%~10%の割引率と大きく差があります。
自動車保険会社によっては長期優良契約割引が存在しないところもありますので、場合によっては割引のある保険会社への乗り換えも検討してみてもいいのではないでしょうか。

インターネット割引とは

| 未分類 |

自動車保険を安くしたいのなら、インターネット割引を利用したいものです。インターネットを経由して申込みをするだけで割引を適用して貰うことができますので、気軽に利用することができます。
しかし、保険会社によって割引額や方法が異なりますので、理解してから利用すると良いです。
一定の額を割引して貰えることもあれば、段階的に割引額が変わる場合もあります。保険料によって割引額が変動すると、いくら割引して貰えるのかすぐに分からないので、自動車保険を比較するときに注意が必要です。また、保険料を定率で割引してくれるところもあります。
インターネット割引を利用するうえで注意したいのが、単純に割引金額だけを見て比較することができないという点です。保険料との兼ね合いもありますので、割引金額のみで比較してしまうと一番得なのがどの自動車保険なのか分かりにくくなります。
新規で契約したときと継続で契約する場合とで割引額が異なることは多いですから、その辺のチェックも必要です。
インターネット割引の制度を活用して保険料の節約をしたいのであれば、賢く利用しましょう。
そのためには、自動車保険の一括見積もりサービスなどを利用して、割引などを利用したときの保険料もしっかりチェックして比較すると良いです。

知っている?割引制度

| 未分類 |

自動車事故に備えた自動車保険の内、加入が法律によって義務付けられている自賠責保険の保険料は車種によって一律に定められています。しかし一方の任意保険に関しては、保険料は、保険会社や保険のタイプ、補償範囲などによって異なるのが特徴です。任意保険は自賠責保険の不足分を補う役割を持っているため、個人の任意であっても加入しておくことは非常に重要です。しかしその保険料が気になると言う方も多いかもしれません。その際には、任意保険の保険料が割引される制度を利用すると良いです。これは、保険に加入する自動車や被保険者、あるいはその家族が一定の条件を満たしている際には、保険料が減額されると言うものです。これは保険会社が独自に行っているものもあれば、共通して行われているものもあります。たとえば自動車にABSやエアバッグ、横滑り防止機能などが搭載されている場合、保険料が割引されます。それから被保険者や家族に関しては、ゴールド免許を持っている場合や運転者の年齢に制限を設定した場合などには、割引を受けることができます。また事故や違反の有無などによって設定されている等級が16等級以上の人で、過去1年の間に無事故だった場合にも、更に保険料は減額されます。そして最近では、年間の走行距離に応じて割引が適用される自動車保険も増えています。自動車を利用する機会が少ない、自動車で走る距離が少ないと言うことは、自動車事故を起こす、またはそれに巻き込まれる可能性も少ないと判断されるためです。このような割引を利用すれば保険料を安くおさえることも可能ですから、任意保険には必ず加入しておく必要があります。

自動車保険には、自賠責保険と任意保険の2つがありますが、自賠責保険のほうは法律にもとづく強制保険であるため、だれもが加入しなければならないとして、任意保険のほうについても、事故が起きた場合の高額な損害賠償にそなえるため、多くのドライバーが加入しているものです。しかし、自賠責保険と任意保険を両方とも加入するのでは、毎年の保険料の負担がきわめて重くなってしまう場合があるため、できれば割引制度なども充実した任意保険のほうは、制度を徹底的に活用して、保険料は安くしておきたいものです。もしも家庭で2台目となる自動車を購入するのであれば、自動車の車体そのものの所有者や、保険契約者を同じにしておくことで、こうした保険料を、通常よりも安くすることができます。この場合、セカンドカー割引とよばれる割引制度が適用されて、はじめから別々の所有者で1台ずつ契約をするよりも安上がりになるほか、その他の保険料の割引率を決定づける保険の等級についても、一般的な6等級からではなく、これまでの無事故などの経歴でつちかった上位の等級を引き継ぐことができるため、さらに安上がりとなります。そのほかにも、任意保険にはさまざまな特約がありますので、こうした特約によって補償内容を調整することで、保険料の引き下げが可能です。

保険料を安くするには!運転者限定

| 未分類 |

保険契約者以外に運転する人が増えれば、事故のリスクが高くなります。なので、保険契約者本人だけが運転する車はリスクが減るので保険料を下げることができます。そのため、運転者限定特約があります。
自動車保険は人ではなく自動車に付けるものなので、契約者本人以外の人が運転した際の事故でも補償が受けられます。しかし、本人しか運転しない車は多いと思います。そこで、運転する人を本人だけに限定して保険料が安くなる運転者限定特約をおすすめします。
また、本人以外でも家族や契約者の配偶者に限定することもできます。ただし、運転者に限定した場合は補償される範囲が細かくしていされるので注意してください。車を一人一台持っている家庭は契約者本人のみの限定をしたほうがいいでしょう。
運転者限定特約は契約期間中でも限定する運転者を変更することができます。なので、契約者本人だけに限定していても一時的に家族全員に運転できるように限定を変更して運転をすることができます。旅行などで家族に車を貸す時などに便利です。変更は何度でも行えるので、再び限定を本人だけにもどせば保険料は下げることができます。
なお、変更した場合に追加保険料の支払いや返金が発生する時があります。

保険料を安くするには!年齢の限定

| 未分類 |

自動車保険の保険料を安くするために、運転者を限定するという方法があります。これは車を運転する人を限定することにより保険料が安くなるのですが、若い人の方が交通事故を起こしやすいという事情があるためです。そのため、年齢が高くなるほど、割引率が高くなります。保険会社により違いはありますが、年齢限定なし、21歳以上、26歳以上、30歳以上、35歳以上というように、ほぼ5年おきに年齢の設定がされています。この年齢が高くなるごとに交通事故を起こす確率が減ってくるため、保険の割引率が高くなります。
保険の契約時には、まず車を運転する人を限定し、さらに年齢を限定するという方法になります。同居の家族全員が車を運転する可能性がある場合には家族限定にし、そのうえで家族のうちで一番若い年齢の人に合わせて年齢限定を設定するようにしましょう。そうしないと、家族限定で契約をしているのに家族でありながら年齢限定で設定している年齢よりも若い場合には、保険が適応されなくなってしまいます。また、最初に車を運転する人を現地してしまうため、親戚が運転しているような場合では、年齢が補償対象になっていても家族ではないため、保険の適応ができなくなってしまいます。

自動車保険は絶対に入っておくべき保険であると言えます。自賠責保険だけでは十分な対応が出来ないケースが多く、万が一の際には非常に重たい負担を背負うことになってしまいますので、そうならないようにするためにも任意保険への加入は絶対にしておくべきです。
しかしながら任意保険に新しく加入する際には等級も低く、保険料の問題が無視できません。ある程度の保証を盛り込むと値段が高くなってしまいますし、節約のために保険の範囲を削れば安くなる半面、事故が発生した場合に補償の対象外となってしまうリスクも生じます。契約後無事故で更新を繰り返していけば値段が下がって行く仕組みはありますが、とても時間がかかってしまうのが難しいところです。そのためすぐにでも実行できる節約のコツが必要になってきています。
最近では通販型の自動車保険など、いくつかの保険会社の保険料を比較して最適な保険を選択する事が出来るようになっています。その中には自分で保証内容を決めて保険料を最適化出来る様に作られている保険も少なくありません。契約切り替え時にはその様なサービスを利用し、上手に節約するのはかしこう方法であると言えます。無事故であればどんどん安くなって行く仕組みは何処にもありますので、上手に活用して行くのが良いと言えます。

自動車保険料を安くするコツ

| 未分類 |

gf1120110828l自動車を運転するならば、自動車保険に加入しなければなりません。強制ではありませんが、万が一自動車事故を起こし人身事故や弁償が必要なものを壊した場合のお金をねん出することができない、という事態になるのを避けるためです。自動車保険は基本的に1年更新ですが、掛け捨てになります。自動車保険料を安くするためにはどのような方法があるのでしょうか。
最近では、インターネットで契約を行うダイレクト型の自動車保険が多くあります。わざわざ事務所を持ったり、人を雇わなくても契約者が書類の記載等を行ってくれるため、人件費などが安くなり、その結果自動車保険料も低額になります。さらにダイレクト型に限らず、契約更新などをインターネットで行えば、その分割引になる保険会社もあります。自動車を運転する人を限定するのも保険料が安くなります。限定特約と言い、本人限定、夫婦限定、家族限定といったものや、年齢で限定し、限定された人のみが運転していて事故を起こした際に補償が行われます。その分、誰が運転して事故を起こしても保険が支払われる限定なしよりも割安になります。他にも1年間の走行距離が短ければ保険料が安くなるプランなどがあります。自分の運転スタイルに合わせて保険を契約することで、自動車保険料は安くできるのです。

最近の投稿