AT車とMT車の違いとポイント

| 未分類 |

現在の主流の自動車はオートマ車となり、新車の販売台数の約98%を占めています。
ブレーキとアクセス、ハンドルの操作だけで簡単に運転が可能なため、年配者などでも免許の取得が容易なことから約30年前からそのシェアは急増してきました。
それまではクラッチ操作を行い手動でギアチェンジを行うマニュアル車が主流となっており、現在でもスポーツタイプの車や高級外車の多くはマニュアル車となっていることから、愛好家では好まれたスタイルと言えます。
以前は同じ車でオートマ車とマニュアル車の2種類が作られており、オートマ車の方が価格が高い傾向にありましたが最近ではマニュアル車の製造は急激に減少しているため、逆に価格が高くなっているようです。
オートマ車の方が操作性は非常によく、クラッチ操作が不要なことからエンスト率が低く、安全性も高いことが人気の上昇理由といえるでしょう。
しかし、運転免許はAT専用免許は比較的簡単で費用も安く取得可能ですが、マニュアル車の運転は不可能となるため、注意が必要です。
以前はマニュアル車の購入目的がなくて、免許はMT免許を選択される方が大半でしたが、最近では現在の主流がオートマ車となっていることからMT免許は不要であるという風潮になっており2010年からはその取得比率が逆転するようになりました。

最近の投稿