ブレーキペダルは車を止めるためのペダルなのですが、最近ではアクセルペダルとの踏み間違え事故が増えてきています。これは運転していて車を止めるつもりでこのペダルを踏んだのに、誤ってアクセルペダルを踏んでしまうことで生じる交通事故のことであり、オートマチック車の四輪車が駐車する際に多く発生しています。踏み間違え事故を防ぐため、左足でこのペダルを操作するという方法があります。アメリカなどでは一般的な対策となっていますが、慣れていない人が左足でこのペダルを踏むと右足でアクセルペダルも同時に踏んでしまい、逆に制動距離が伸びて危険が増してしまう可能性もあるので注意しましょう。また、駐車時にはアクセルペダルを踏まず、クリープ現象を利用して駐車するという対策もあります。ただしクリープ現象を利用して車を動かすという場合、車が動くことでアクセルを操作しているものだと脳が勘違いしてしまい、車を止めようとしてもう片方のペダルであるアクセルを踏んでしまうこともあるため、やはり注意が必要となっています。二つのペダルを踏み間違えないためのポイントについて詳しく知りたいという場合、インターネットで検索してみると良いでしょう。

最近の投稿