» 未分類のブログ記事

記憶データトラブルを防ぐ方法とは

| 未分類 |

車にはさまざまなデバイスが搭載されてきており、各種デバイスでは記憶データがたくさんあります。もっともよく使うのがナビに関するデータです。ナビを多用する方は、住所データや地点データを多数入れていることが多く、データが消されると困るという場合も多いです。通常、ナビのデータはハードディスクがあればハードディスクに保管されますが、一時的にメモリに保存しているナビもあります。そのような場合は車のバッテリーを利用しているのでバッテリーが充電切れの場合にはメモリデータも飛んでしまいます。ナビの他には車の燃費計やカーオーディオの設定なども飛びます。ただし、走行距離については消えません。車にはさまざまなカスタマイズ可能な機能が増えてきており、バッテリーの重要性はましています。また、最近はオートマチック車の変速やエンジンの回転制御などに学習機能がつくようになっており、ドライバーの癖や環境に合わせて適切に学習が行われていることがあります。このデータもバッテリーが切れると一旦初期化されてしまいます。初期化されても走行に支障はないのですが、むだに回転数が高かったり、オートマチックの変換がぎこちなかったりするのでやはりバッテリーはとても重要です。

メンテナンスフリーバッテリーは、通常のバッテリーと比べ、劣化速度が遅く、メンテナンスの必要性が極端に削減されます。これは、電槽の密封度の高さにあります。ごく普通のバッテリーは化学変化が原因で、希硫酸に含まれる水分が蒸発し、電解液が減ってきます。これによってバッテリーの機能が落ちてしまいますので、6つの電槽を見て、なおかつケースに書かれたUPPERとLOWERの間まで電解液があることを点検しなければなりません。減っていれば、補充液や精製水を補充します。これだけ行っていれば良いということはなく、電解液用比重計で比重を見て、充電状態を確認することも忘れてはいけません。比重計が1.26から1.28を指していれば最適な状態ですが、1.24未満になれば充電を必要とします。メンテナンスフリーのバッテリーでは、バッテリー液の補充や比重を検査することはできませんが、密封度の高さから、「減る」ことは頻繁ではありません。また点検用のインジケーターが自動車用ならほとんどの製品についていますので、そこを確認すれば、充電不足や液不足がわかります。しかも横置きして液漏れはありません。寿命に関しては液を入れの時点から3年と言われていますので、マメにメンテナンスしている通常バッテリーと、そこまでの差はありません。

バッテリーは乾電池と同じように、プラス極とマイナス極があり、プラス端子から電気が流れだし、各電装部品を通り、ボディーから金属部分を通り、マイナス端子へ戻っていきます。バッテリーを取り外す時は、マイナス端子から、プラス端子の順に外していきます。プラス端子から外すと、ショートや、電装品の故障、感電、火災を引き起こし危険なので、外す順番は注意しましょう。バッテリーはマイナス端子とプラス端子で、大きさが違いプラス端子の方がすこし大きく作られています。またバッテリーは低温に弱く寒冷地では、著しく性能が低下していきます。冬を前にして、セルモーターの周りが悪くなってきた、など感じたら、早めの交換をお勧めします。国産のバッテリーは、JIS規格の商品でバッテリーサイズや性能は6~7桁の数字とアルファベットで表記されています。バッテリーを交換する際にこの記号の意味を理解し、確認してから取り付けを行いましょう。使用済みのバッテリーはリサイクルされますので、販売店に渡しましょう。交換バッテリーの取り付けは、外した時の逆の手順で行います。バッテリーのプラス端子からマイナス端子の順番で取り付けていきます。バッテリーの寿命は、大体2~3年だと思ってください。

車の重要なパーツの一つであるバッテリーには、二つの重要な役割があります。
一つは、エンジンの始動です。車を動かす時、キーをひとひねりするだけでエンジンが動き出しますよね。あんなに簡単に動き出すのは、電力の力があるからです。これがなければ、車は動きません。いくら燃料が満タンでも、動かすことが出来ないのです。車を押してエンジンを始動させる、という方法もあるようですが、毎回毎回そんなことしていられませんよね。
もう一つの役割は、各種ランプ・パワーウィンドウ・ワイパー・カーナビ・エアコン・車の動きを制御するコンピューターなどの電装品に電力を供給することです。通常、そういった電装品への電力供給はオルタネーター(発電機)が行いますが、オルタネーターだけではどうしても供給が追い付かないのです。パワーウィンドウやエアコン、カーナビは、現代の車になくてはならないものが、特に電力をたくさん使います。つまり、車をより快適に使うための役割も担っている、ということになります。
寿命は2年から5年程度。寿命がきてしまうと、いくら充電しても使えなくなります。車を動かし、快適に楽しく使うために重要なパーツですので、始動時の音がおかしいとか、電装品の動きが鈍いとか、液漏れを起こしているとか、少しでも不具合に気づいたら、早めに交換しましょう。

シャーシの基礎知識

| 未分類 |

シャーシとは、自動車を構成するものの中でも最も重要な構成品の一つです。基本的にその構造は、剛性の高い構成品をベースとします。狭義にはこれ自体の名称として使われることもありますが、一般的には、その構成品にサスペンション、ブレーキシステム、トランスミッション、クラッチ、ステアリングホイールなどの操舵装置及び座席など、ボディ以外の構成品を搭載したものを指します。
従来は、高い剛性を有する構造を実現するために、車の底面に剛性の高い板状の構成品を用いたり、チューブや金属製の梁を用いたフレーム構造を用いていました。しかし現代においては、コンピュータによる強度解析や流体解析の技術が進歩したため、トラックやバスを除く乗用車の殆ど全ては、モノコック構造と呼ばれる方式を採用しています。この方式は、ボディとフレームが一体化した構造となっており、車の底面から天井に至るまでの全ての構造が、安全性や走行性能に影響する、自動車の強度や剛性を担っています。
モノコック構造の優れた点は、最適な強度・剛性を得る構造を実現することができる点で、衝突事故などの際に、搭乗者を守るための空間を確保したり、衝撃を吸収するためのクラッシャブル構造を実現することができます。その上、安定に走行するために必要な、剛性の高い構造をコンピュータを用いて設計することができるのです。

ドライブトレインが採用される秘密

| 未分類 |

車の基本的な性能には、「走る」「止まる」「曲がる」「つながる」という機能があります。ドライブトレインが担当しているのは、この中の「走る」の部分です。
エンジンで作られた回転運動をタイヤに伝達する動力伝達装置を指す用語で、その中の中心的な役割を果たすAT(オートマチックトランスミッション)の制御ソフトウェアは自動車の走りを安全で快適なものにするために使われています。
MT(マルチトランスミッション)ではドライバーが自分でギヤを切り替えて走ることが必要ですが、AT制御ではそれを自動で行ってくれる利便性があるので、採用されています。
これにはアクセル開度、車速、エンジンコンピューターなどからの情報を元に、現状で最適なギヤ選択を行ってくれます。
他にも、ドライバーが気持ち良く走れるように、変速した時にかかるショックを小さくできるような制御も行ってくれます。
AT車には様々な種類があります。現段階で最も流通量が多いのが、トルクコンバータ式変速機を組み合わせたAT車です。最近ではソフトウェアメーカーではエンジン+AT+モーターという3つを組み合わせた、ハイブリッド型の車種も登場しています。
ユーザーの安全で快適な走りを支援できるので、採用されています。

ボディに隠された素材

| 未分類 |

ボディに使われている素材には、「鋼版」「アルミ」「ステンレス」などがあります。
このうち最もポピュラーなのが鋼板で、鋼鉄に圧力をかけて板状に引き伸ばしたものを使います。今まで鋼を使うと重量が重くなってしまうため、鋼はあまり使われていませんでしたが、現代では高張力鋼板(ハイテン)という素材が登場して、軽量化が可能になったため、多く使われています。ハイテンの最大のメリットは、薄くしても強度が変わらないという所です。
アルミは高級車に使われる素材で、軽さが最大の特徴です。アルミと鉄の比重は1:3で、アルミは軽量素材として大変優れています。強度も保てる素材ですが、コストが高いのがデメリットです。そのため、市販の車では高級スポーツカーなど、ごく一部の車種にしか使われていません。
とてもレアな素材としては、ステンレスがあります。鋼板よりも丈夫で錆びにくい、コストも低い、というメリットがありますが、合金という性質上プレス形成が難しいという弱点があります。公共の車体で言えば電車などは平べったい形なので使えますが、一般の市販車に使うのには適していない部分が多いです。
基本的にはコスト、プレス形成、強度の条件を満たしたハイテン素材が今の所ベストだとされています。

エンジン部品の秘密

| 未分類 |

エンジンは車の中でも最も重要な部品ともいえるものです。また多くの部品で構成されています。現在多くの自動車で採用されているのはレシプロといわれるものですが、わずかですがローターリーというのを採用した車も存在します。強度というのはとても大切ですが、重量があれば燃費にもかかわることとなるので軽量することはとても大切なことです。そのため強度があり軽量というアルミニウム合金や鋳鉄が採用されています。そして部品として大きく中身を収納しているのがシリンダーというものです。そこに燃焼室という部品があります。そにて燃焼を行って運動を起こしています。その中で動いているのはピストンとコンロッドという部品です。ガソリンと酸素を含んだ空気の混合気といわれる物を爆発させているため内部のものであるピストンなどは高い強度があります。それは内部の壁との摩擦や燃焼による高温がなどがあります。またコンロッドも大切な部品です。これによって回転をするなどの役割があります。それではどう動くのか考えてみましょう。まずピストンが下がってきたところに混合気が投入され、勢いでピストンが上がり圧縮がかかり、限界に達すると、着火されピストンを下げ動力を生むのです。その後排気されまた繰り返すのです。

クルマはさまざまな部品で構成されています。主なパーツとしてはエンジン、ボディ、サスペンションとなります。特にエンジンについては開発が進んでおり、今も進化が多い部品と言えます。エンジンについてはガソリン車やディーゼル車、ハイブリッド車の他に燃料電池車も登場しています。燃料電池車はガソリンや軽油の代わりに水素などの燃料を使います。燃料を燃やして通常のエンジンのように走るタイプと燃料を化学反応させて電気を作り、モーターで走るタイプがあります。燃料電池車は高価と言われてきていますが、燃料から電気を作り出して走るタイプは国の補助も使えば一般の高級車並みの価格まで抑えられてきてます。また、進化という意味ではハイブリッド車の部品もすごいです。ハイブリッド車ではエンジンの余力で発電するタイプの他にブレーキを使った際に電気を起こす回生という手法にも対応しています。各所のパーツはさまざまな材料開発も含めて進化しており、初期のハイブリッド車に比べて発電効率が格段に上がっています。また、パーツで重要なのがバッテリーです。車用のバッテリーは長年発展せずに来ていましたが、ハイブリッドでの需要が高まったこともあり、バッテリー液や触媒などもすばらしい進歩を遂げています

車は小さい部品も入れると販売されている機械の中でも有数の点数をもつ工業製品です。車は大きく分けて駆動系、ボディ、エンジンまわりからなります。駆動系はタイヤとサスペンションから構成され、ボディは内装も含めて見た目が重要視されます。そしてエンジン周りは一番種類が多いです。エンジンまわりとしてはエンジンの出力にかなりの差があります。大きなエンジンでは6LV12エンジンなどの市販車もありますが、一般的には3L以下のエンジンが多いようです。エンジンには自然吸気と呼ばれる空気を吸い、ガソリンや軽油と混ぜて燃やすタイプと、吸気の際、ターボを使ってさらに圧縮した空気を送り込んで燃焼効率を上げるタイプがあります。ターボは出力を上げるために使われていますが、最近ではボディが中型車以上で、エンジンが小型車でターボ付きというダウンサイジング化が行われてきています。これはエンジンが小さいことで燃費を抑えられ、走行時の負担を減らすためにターボを使う考え方です。また、ターボ以外に走行中のブレーキ中に充電した電気でモーターを回してエンジンを助けるハイブリッド車も増えてきています。燃費を良くするために利用されていますが、一部ではエンジン出力アップを目指して利用されることも増えてきています

最近の投稿