ドライブトレインが採用される秘密

| 未分類 |

車の基本的な性能には、「走る」「止まる」「曲がる」「つながる」という機能があります。ドライブトレインが担当しているのは、この中の「走る」の部分です。
エンジンで作られた回転運動をタイヤに伝達する動力伝達装置を指す用語で、その中の中心的な役割を果たすAT(オートマチックトランスミッション)の制御ソフトウェアは自動車の走りを安全で快適なものにするために使われています。
MT(マルチトランスミッション)ではドライバーが自分でギヤを切り替えて走ることが必要ですが、AT制御ではそれを自動で行ってくれる利便性があるので、採用されています。
これにはアクセル開度、車速、エンジンコンピューターなどからの情報を元に、現状で最適なギヤ選択を行ってくれます。
他にも、ドライバーが気持ち良く走れるように、変速した時にかかるショックを小さくできるような制御も行ってくれます。
AT車には様々な種類があります。現段階で最も流通量が多いのが、トルクコンバータ式変速機を組み合わせたAT車です。最近ではソフトウェアメーカーではエンジン+AT+モーターという3つを組み合わせた、ハイブリッド型の車種も登場しています。
ユーザーの安全で快適な走りを支援できるので、採用されています。

最近の投稿