エンジン部品の秘密

| 未分類 |

エンジンは車の中でも最も重要な部品ともいえるものです。また多くの部品で構成されています。現在多くの自動車で採用されているのはレシプロといわれるものですが、わずかですがローターリーというのを採用した車も存在します。強度というのはとても大切ですが、重量があれば燃費にもかかわることとなるので軽量することはとても大切なことです。そのため強度があり軽量というアルミニウム合金や鋳鉄が採用されています。そして部品として大きく中身を収納しているのがシリンダーというものです。そこに燃焼室という部品があります。そにて燃焼を行って運動を起こしています。その中で動いているのはピストンとコンロッドという部品です。ガソリンと酸素を含んだ空気の混合気といわれる物を爆発させているため内部のものであるピストンなどは高い強度があります。それは内部の壁との摩擦や燃焼による高温がなどがあります。またコンロッドも大切な部品です。これによって回転をするなどの役割があります。それではどう動くのか考えてみましょう。まずピストンが下がってきたところに混合気が投入され、勢いでピストンが上がり圧縮がかかり、限界に達すると、着火されピストンを下げ動力を生むのです。その後排気されまた繰り返すのです。

最近の投稿