自動車保険には、自賠責保険と任意保険の2つがありますが、自賠責保険のほうは法律にもとづく強制保険であるため、だれもが加入しなければならないとして、任意保険のほうについても、事故が起きた場合の高額な損害賠償にそなえるため、多くのドライバーが加入しているものです。しかし、自賠責保険と任意保険を両方とも加入するのでは、毎年の保険料の負担がきわめて重くなってしまう場合があるため、できれば割引制度なども充実した任意保険のほうは、制度を徹底的に活用して、保険料は安くしておきたいものです。もしも家庭で2台目となる自動車を購入するのであれば、自動車の車体そのものの所有者や、保険契約者を同じにしておくことで、こうした保険料を、通常よりも安くすることができます。この場合、セカンドカー割引とよばれる割引制度が適用されて、はじめから別々の所有者で1台ずつ契約をするよりも安上がりになるほか、その他の保険料の割引率を決定づける保険の等級についても、一般的な6等級からではなく、これまでの無事故などの経歴でつちかった上位の等級を引き継ぐことができるため、さらに安上がりとなります。そのほかにも、任意保険にはさまざまな特約がありますので、こうした特約によって補償内容を調整することで、保険料の引き下げが可能です。

最近の投稿