保険料を安くするには!年齢の限定

| 未分類 |

自動車保険の保険料を安くするために、運転者を限定するという方法があります。これは車を運転する人を限定することにより保険料が安くなるのですが、若い人の方が交通事故を起こしやすいという事情があるためです。そのため、年齢が高くなるほど、割引率が高くなります。保険会社により違いはありますが、年齢限定なし、21歳以上、26歳以上、30歳以上、35歳以上というように、ほぼ5年おきに年齢の設定がされています。この年齢が高くなるごとに交通事故を起こす確率が減ってくるため、保険の割引率が高くなります。
保険の契約時には、まず車を運転する人を限定し、さらに年齢を限定するという方法になります。同居の家族全員が車を運転する可能性がある場合には家族限定にし、そのうえで家族のうちで一番若い年齢の人に合わせて年齢限定を設定するようにしましょう。そうしないと、家族限定で契約をしているのに家族でありながら年齢限定で設定している年齢よりも若い場合には、保険が適応されなくなってしまいます。また、最初に車を運転する人を現地してしまうため、親戚が運転しているような場合では、年齢が補償対象になっていても家族ではないため、保険の適応ができなくなってしまいます。

最近の投稿