保険料を安くするには!運転者限定

| 未分類 |

保険契約者以外に運転する人が増えれば、事故のリスクが高くなります。なので、保険契約者本人だけが運転する車はリスクが減るので保険料を下げることができます。そのため、運転者限定特約があります。
自動車保険は人ではなく自動車に付けるものなので、契約者本人以外の人が運転した際の事故でも補償が受けられます。しかし、本人しか運転しない車は多いと思います。そこで、運転する人を本人だけに限定して保険料が安くなる運転者限定特約をおすすめします。
また、本人以外でも家族や契約者の配偶者に限定することもできます。ただし、運転者に限定した場合は補償される範囲が細かくしていされるので注意してください。車を一人一台持っている家庭は契約者本人のみの限定をしたほうがいいでしょう。
運転者限定特約は契約期間中でも限定する運転者を変更することができます。なので、契約者本人だけに限定していても一時的に家族全員に運転できるように限定を変更して運転をすることができます。旅行などで家族に車を貸す時などに便利です。変更は何度でも行えるので、再び限定を本人だけにもどせば保険料は下げることができます。
なお、変更した場合に追加保険料の支払いや返金が発生する時があります。

最近の投稿