海外レンタカーを利用するためには

| 未分類 |

海外レンタカーを運転するためには、一般的には国際運転免許証の取得が必要になります。地域の運転免許試験場で簡単に発行してもらえます。
しかし、日本人観光客が多い地域などは、日本の運転免許証を現地に持参するだけで英訳されるため、現地の法律に従うことになります。そのため、すべての国で国際運転免許証を提示しなければならないというわけではありません。
また、海外レンタカーを海外で予約する場合には、言語の問題もあるため、日本には多くの海外レンタカーの代理店があります。インターネットサイトでも日本語で予約をすることができるため、そういったサイトを活用することが1番簡単な方法となります。
また、現地で海外レンタカーを借りる際には、ほとんどの場合空港の近くにも支店があり便利です。そこで追加の保険や乗り捨ての条件など契約を交わした後、駐車場に車をとりに行くことになります。決済方法はクレジットカードとなるため、必ず国際ブランドのついたものを持参することをお勧めします。デビッドカードは使えないこともありますから確認が必要です。日本で自動車の組合に加入している方は、海外レンタカー利用時でもロードサービスや各種割引サービスを受けることができる場合もあります。犬08

最近の投稿