記憶データトラブルを防ぐ方法とは

| 未分類 |

車にはさまざまなデバイスが搭載されてきており、各種デバイスでは記憶データがたくさんあります。もっともよく使うのがナビに関するデータです。ナビを多用する方は、住所データや地点データを多数入れていることが多く、データが消されると困るという場合も多いです。通常、ナビのデータはハードディスクがあればハードディスクに保管されますが、一時的にメモリに保存しているナビもあります。そのような場合は車のバッテリーを利用しているのでバッテリーが充電切れの場合にはメモリデータも飛んでしまいます。ナビの他には車の燃費計やカーオーディオの設定なども飛びます。ただし、走行距離については消えません。車にはさまざまなカスタマイズ可能な機能が増えてきており、バッテリーの重要性はましています。また、最近はオートマチック車の変速やエンジンの回転制御などに学習機能がつくようになっており、ドライバーの癖や環境に合わせて適切に学習が行われていることがあります。このデータもバッテリーが切れると一旦初期化されてしまいます。初期化されても走行に支障はないのですが、むだに回転数が高かったり、オートマチックの変換がぎこちなかったりするのでやはりバッテリーはとても重要です。

最近の投稿