レンタカーの付帯保険って何?

| 未分類 |

レンタカーの付帯保険というのは、レンタカーを借りてドライブをするにあたって、実はその基本料金のなかに費用として組み込まれている自動車保険のことをいいます。そのため、レンタカーを借りるにあたり、本人が事前に特別な自動車保険の契約をする必要はないのですが、場合によってはオプションでいざというときの保険金の支払額が増額されるような追加料金の制度があることもあります。補償内容そのものはレンタカー会社がどのようなタイプの付帯保険を契約しているかによって異なるのですが、対人賠償責任保険や対物賠償責任保険といった、自動車事故をおこして他人を死傷させる人身上の損害を与えた場合、または物品を壊してしまった場合などに必要となる損害賠償はフォローできる基本的な自動車保険はセットされています。そのため、仮にドライブをしている最中に、なんらかのトラブルが発生してしまった場合には、負傷者があれば現場での応急処置や救急車での搬送を行うということはもちろんですが、ひととおりのことが終わったら、あわてずにレンタカー会社に連絡を入れて、その内容や被害状況などを正確に伝えて、指示をまつことがたいせつです。レンタカー会社では、さらに付帯保険を取り扱う会社に連絡して、その後の保険金の支払いなどの手続きを進めてくれます。

最近の投稿