シフトレバーの操作性とポイント

| 未分類 |

ハンドルやブレーキと共に重要なのはシフトレバーで、車の操作性に影響を与える大切なパーツの一つです。
操作感に関わりますから、手に触れた時の感触や、動かした際のフィーリングが選び方に重要です。
引っ掛かりが発生すると、ストレスや不満の原因になりますし、思った通りの運転が実現しないので、車に対する満足度の低下が発生します。
また、異音や不快な音が起こると、それも意識を削ぐ原因に繋がりますから、イライラしたり落ち着いて運転出来なくなるリスクになります。
心地良い操作感は、不快にならない音とスムーズな動きを兼ね備え、グリップの良さを加えた総合力から発揮されます。
軽い感覚や、適度な重さも大切ですし、動き出しと適切なポジションで確実に止まる点も大切です。
遊びが少なければ、剛性を感じる事が出来ますから、信頼性を実感する為に大切なポイントです。
表面的な質感でいえば、金属やプラスチック、革の高級感も影響を与え、運転時以外の評価にも関わります。
プラスチック多様のパーツは、軽量化とコスト削減を実現しますが、安っぽさは否定出来ませんし、見た目にも軽く感じられます。
金属製の場合は、丈夫で信頼出来る素材ですが、表面塗装や加工が見た目に必要です。
革の場合は、合皮よりも本革の方が高級感があるので、手触りが良く所有に喜びを感じられる製品が選ばれます。

最近の投稿