知っている?割引制度

| 未分類 |

自動車事故に備えた自動車保険の内、加入が法律によって義務付けられている自賠責保険の保険料は車種によって一律に定められています。しかし一方の任意保険に関しては、保険料は、保険会社や保険のタイプ、補償範囲などによって異なるのが特徴です。任意保険は自賠責保険の不足分を補う役割を持っているため、個人の任意であっても加入しておくことは非常に重要です。しかしその保険料が気になると言う方も多いかもしれません。その際には、任意保険の保険料が割引される制度を利用すると良いです。これは、保険に加入する自動車や被保険者、あるいはその家族が一定の条件を満たしている際には、保険料が減額されると言うものです。これは保険会社が独自に行っているものもあれば、共通して行われているものもあります。たとえば自動車にABSやエアバッグ、横滑り防止機能などが搭載されている場合、保険料が割引されます。それから被保険者や家族に関しては、ゴールド免許を持っている場合や運転者の年齢に制限を設定した場合などには、割引を受けることができます。また事故や違反の有無などによって設定されている等級が16等級以上の人で、過去1年の間に無事故だった場合にも、更に保険料は減額されます。そして最近では、年間の走行距離に応じて割引が適用される自動車保険も増えています。自動車を利用する機会が少ない、自動車で走る距離が少ないと言うことは、自動車事故を起こす、またはそれに巻き込まれる可能性も少ないと判断されるためです。このような割引を利用すれば保険料を安くおさえることも可能ですから、任意保険には必ず加入しておく必要があります。

最近の投稿